周辺観光 | 飛騨の東玄関 舞台峠観光センター | 四季折々、旅の舞台を訪ねて…大自然を満喫できるオススメスポットから、話題のパワースポットまで「舞台観光センター」の周辺には癒しスポットがいっぱい。

ルートマップ

舞台峠観光ルートマップ | 四季折々、旅の舞台をたずねて

Aプラン

舞台峠観光センター 車で5分 加古母大杉 車で 10分 かしも明治座
ルート所要時間120分

かしも明治座http://meijiza.jp/

かしも明治座

明治27年誕生、大衆のための芸能「かしも明治座」国道257号線を通ると、山際にひときわ目をひく古い建物「明治座」が見えてきます。

回り舞台やスッポン、両花道備えた劇場形式の農村舞台で、県指定有形民俗文化財に指定されており、「娯楽の殿堂」として村の人々に愛され続けてきました。創建当時は、地芝居のほか旅役者の芝居興業、浄瑠璃、手品、見世物、幻燈など、新しい時代の流行にのった大衆演芸が行われていました。

大正時代には活弁と楽隊のついた無声映画を、昭和になると剣劇やレビュー、浪曲、トーキーなどが流行り、戦後は歌舞伎のほか、映画上映、漫才、歌謡ショーなど、その時代時代にあった演目を自由に楽しんできたのです。

  • 「匠」の技 明治からつづく「人の力」
  • 「匠」の技
    明治からつづく「人の力」

  • 明治座建設には多くの木が伐りだされ、木遣音頭に合わせて100人がかりで曳きました。石場の石は加子母から、背負って運び、屋根の葺き替えも、手から手へ、瓦を運んで行いました。「引き幕」は各家の屋号と名前が粋な模様の中に染められ、今も色褪せず当時の人々の心意気を伝えています。
  • 地芝居の復活
  • 地芝居の復活

  • 岐阜県の東濃地方は全国でも珍しい「地芝居」の盛んな地方です。加子母村では戦後いったん途切れかかった地芝居を復活。昭和48年に加子母歌舞伎保存会が発足し、現在も、毎年秋には明治座で村人たちによる素朴な地歌舞伎が上演されています。
  • 東濃の劇場群
  • 東濃の劇場群

  • かつてこの地方には、60棟以上もの劇場形式の農村舞台がありました。今でも下呂市の鳳凰座と白雲座、福岡町の常磐座、白川町の東座などが芝居小屋としていき続けています。舞台に情熱を燃やした村の人々の魂が、今もこの明治座で生き続けています。

かしも明治座について

電話
0573-79-3611
営業時間
AM9:00~PM5:00
休館日
月曜日
加子母村教育委員会
0573-79-2111
Webサイト
http://www.vill.kashimo.gifu.jp/meijiza/

推定樹齢千数百年 国指定天然記念物 加子母大杉

加子母大杉

この大杉は大正十三年国の天然記念物に指定され、頼朝がここに地蔵堂を移すよう命じた建久五年にはすでに樹齢数百年の大木であったと言われています。

全国的にも屈指の大木であり、今も葉は青々として成長を続けており、延命地蔵尊をしっかり抱きかかえるようにして背後を守り時空を越えた荘厳な輝きを放っています。

当地蔵尊は、高僧行基が、神亀二年(725)一刀毎に、三度礼拝して彫り上げた一刀三礼の作として伝えられる等身大の地蔵尊(仏像)であり、大願王延命地蔵大菩薩として厚い信仰を集めている。延命長寿・安産守護・交通安全・家内安全等の菩薩として信仰されその名は全国に知られております。

文覚上人が地蔵堂で一夜を明かした真夜中、一脈の祥光を発した場所がこの池でした。 昔々近くの村人が、或夜 赤児の夜泣きを聞き、不思議に思って探したところ、池の傍らに生後間もない赤児が捨てられており、情深いこの女性は赤児を育てようとしましたが、乳が出ず、困り果てて地蔵尊に祈願したところ、「池の水を与え大切に育てよ」とお告げがありました。女性はよろこび、毎日この池の水を与えたところ、子は立派に成人して孝養を尽くしたと言われています。この話が世に伝わり乳の出ない女性は、地蔵尊に祈願してこの池の水を飲むと、よく乳が出るようになるといい参詣者が増え、いつの日かこの池を乳子の池と呼ぶようになったのです。

加子母大杉観光について 

  • 駐車場(大型バス可能)完備。
  • お手洗い完備。
  • 大杉見物・大杉地蔵尊お参り・乳子の池を散策と見学し~徒歩で往復200m
    (バリアフリーです)

Bプラン

舞台峠観光センター 車で45分 巌立峽
ルート所要時間40~45分
厳立地図

がんだて公園駐車場(現在地部分)から徒歩で 滝見遊歩道を800mほど登りで15分ほどかけゆっくり進みますと行者橋(上記・画像にあります)に到着しますのでそこから地図にあります。黄色のライン(アスファルト舗装の道路)を下り約1kmを進みますとまたがんだて公園駐車場へご年配のお客様や足の悪いお客様は赤い橋(画像にございます)まで行って折り返し、がんだて公園駐車場付近でも素晴らしい景色がお楽しみいただけます(柱状節理や7月~8月は紫陽花など・・)

巌立峡散策について

  • 駐車場は観光バス8台ほどまでは一度に駐車可能です。
  • 環境協力維持金 @100円(お一人様)必要です(下呂市)

Cプラン

舞台峠観光センター 車で45分 夕森公園竜神の滝 | 舞台峠観光センター 車で55分 金山巨石群
ルート所要時間40~45分

最強最古のパワースポットガイド

金山巨石群

イギリスのストーンヘンジやエジプトのピラミッド建築に代表される古代の巨石建造物。岐阜県南飛騨の山間部で発見された巨石群が縄文時代の太陽観測所であったことが解明されつつあります。

現代人の想像をはるかに超えた古代人の英知が、今もこの地で静かに時を刻み続けているのです。
金山巨石群は岩屋ダムの300m下流に位置し「岩屋岩陰遺跡巨石群」「線刻石のある巨石群」「東の山巨石群」の3か所からなっています。
岩屋岩陰遺跡巨石群では内部に射しこむスポット光でうるう年の観測ができるメカニズムが存在しており、線刻石のある巨石群では夏至の頃の太陽観測を意味する痕跡が巨石に刻まれています。
岩屋岩陰遺跡は岐阜県指定の縄文時代の史跡で、一時、飛騨に居を構えた悪源太義平(あくげんたよしひら・源義平)が里人を苦しめる怪物ヒヒを退治した伝説が残る場所でもあります。

金山巨石群のガイドは観光ガイドとはまったく違うものとご理解下さい。巨石群調査員による学術的な現地説明とのことです。巨石群調査員は観光ガイド的なガイドは決してしないとのことです。また、現在のところ現地説明をできるスタッフは女性1名のみです。

■巨石群調査員による学術的な現地説明 1回約1時間 3、000円

【お問合わせ先】
・金山町観光協会 TEL:0576-32-2201
・金山巨石群調査資料室 TEL:0576-34-0073
【駐車場等観光情報】
*巨石群付近には自家用車数台分の駐車スペースのみ、大型バスは旅客が降車後、岩屋ダムの駐車場にての待機が望ましい、距離は約500m。
*このエリアでは携帯電話は使用できないので注意が必要。
*トイレは岩屋ダム駐車場にある。
*「東の山巨石群」は山頂近く(標高約560m)の位置にあり、50分~60分の登山が必要。
夕森公園 竜神の滝 リンクHPhttp://www.kawaue.jp~logo2001/khyuumori.html

夕森公園・竜神の滝

竜神の滝

川上はその名の通り上流の里。
奥三界岳を源流とする谷川が、数多くの滝を作り、川上川となって流れて行きます。

夕森公園から奥三界岳へと続く登山道とその周辺は、滝めぐりには絶好のコースです。
キャンプ場の散策道にある夕森のかけ橋を渡ると、まず目に飛び込んでくるのは、竜神の滝。
かなり離れていても、身体にしぶきが降り注いでくるほど豪快な勢いで流れ落ちるこの滝は、その昔、竜神様を祀っていたといわれています。
『ゴ―ッ、ゴーッ』、周囲の音をすべて打ち消すほどの滝の音は、確かに竜の鳴き声のようにも聞こえてきます。

奥三界岳の源流へとさかのぼれば、銅穴の滝、アゼ滝、一ツ滝と、まだまだ滝がいっぱい。
どの滝も水量が多く迫力満点です。
竜神の滝 落差12m 幅2m

この澄み切った水は岐阜県の名水50選に選ばれています。

  • 新緑の季節5〜7月
  • 夕森公園の入口夕森公園の入口
  • 綺麗な空気を楽しみながらのんびりと…綺麗な空気を楽しみながらのんびりと…
  • 2万本のもみじ 6月下旬〜11月下旬
  • 2万本のもみじが楽しめます2万本のもみじが楽しめます
  • 紅葉狩りと滝めぐり散策を…紅葉狩りと滝めぐり散策を…

夕森公園

所在地
岐阜県中津川市川上1060-11
オススメの時期
 
4月
新緑
5月~7月
紅葉
10月下旬~11月下旬